記事を書く練習をしよう

勝木です。

 

ライティングはとにかく実践しなければ身についていきません。ライティングに関わらず全部そうです。とにかく書いていくのです。

新しくブログを立ち上げて、一つテーマを決めて書いていってみてください。まずは練習のつもりでいいので、サイトではなく、ドメイン取らなくてブログでもOK。

 

そう、練習ブログです。

完璧を求めすぎると続かないし、継続できません。あくまで僕の経験上ですが意気込みすぎると空回りするので気をつけたほうが良いです。

あなたが日々「学んだこと」でもOKですし、カテゴリーで分けて色んなテーマが混ざってるような雑記ブログでもOKです。(練習なんで。)

 

記事を書く練習に慣れてきたら、最終的には1つのテーマに特化したものを作ると良いです。(コレまでに作った記事からリンクを送れば、クローラーも回ってきやすくなります)

なので本当に、アウトプットするつもりで、インプットしましょう(学びましょう)。もちろんコピペではなく、学んだ内容を、自分のフィルターを通して誰かに伝える気持ちで、書いていくのが基本です。

 

1記事1テーマ

「1記事=1テーマ(子テーマ)」で書いていきます。

パワーストーンに関するテーマでブログを作ったなら、各記事はそこからさらに細分化した形です。「パワーストーン 選び方 直感」みたいなキーワードで記事を作りましょう。

  • 「アクセスが来ません」
  • 「需要のあるキーワードってどこで探せばいいですか?」

 

こういった質問を受けますが、これはヤフー知恵袋などで、質問者が使っている言葉からイメージして考えます。「この質問者が検索で調べるとしたらどんなキーワードを打ち込むか?」といった視点です。

 

また、関連キーワード取得ツールというのがあるので、そちらからメインキーワードを打ち込むとそれに関連するキーワードも取得できます。ここで出てくるキーワードは実際に多くの人に検索されているキーワードですので、そこからヒントを貰うのもよいですね

 

アクセスは検索結果から、あなたのサイトに辿り着くのが基本です。ですので、あなたが狙っていくキーワードのライバルサイトが強ければ、それ以上の質の高いコンテンツが必要ですし、時間がかかることを覚悟して置かなければいけません。

ライバルサイトの強弱についてはまた別の機会に説明します

 

記事を書く上での注意点

一つ注意があります。

ブログでもメルマガでもそうですが、あれもこれも伝えようとしても、伝わりません。サイト診断を受けるのですが、1記事がかなり長くて、あれもこれも伝えようとしている人が多いです。

関連していることであれば、長いのは必ずしも悪いことではないのですが、読み手の気持ちを考えるようにしてみてください。長くなりそうなら、別の記事にしたほうが良い場合もあります。

 

また、新しい情報を伝えられると古い情報はどんどん記憶の片隅に追いやられて、埋もれていくというのも理由の一つにあります。

これは僕もそうなんですが意識しないとついやってしまうので、注意ですね(^^;)

 

自分が書きやすい所から始めていけばOKです!