アフィリエイト商品の購入と集客につながる悩み系キーワード選定法

勝木です。

サイトアフィリエイトにおいて、重要なポイントの1つが”キーワード”です。

というのも、いくら売れるアフィリエイト商品を扱おうが、
何時間も書けて凝ったデザインを施そうが、
どんなに文章でその商品の良さをアピールしようが、

キーワードを意識していないページには、
アクセスがなかなか呼び込めないからです。

このキーワード選定というのは、サイト作成では基本中の基本です。

このド基本となるキーワードがダメダメなら、
改めて言いますがアクセスが全く来ないサイトが完成してしまいます。

なので、サイトを作ったのに、「アクセスが全く来ないんだけど!」って人は
ぜひとも今回の記事は最後までじっくりと見逃さないようにして下さい。

サイトに訪れるユーザーはどこからやってくるのか?

サイトにしろ、ブログにしろそのアクセス元は
そもそもどこからやってきているのか?という話をすると、
これはGoogleやYahooといった検索エンジンからがほとんどです。

ツイッターなどのSNSなどから集客する場合もありますが、
正直な話、そこから来るアクセスは実際には
ほとんど意味が無いんじゃないかと思っています。

というのも、そういったSNS系からのアクセスは
なんとなく眺めているようなヤジウマ的で、
購入に結びつきそうなユーザーとは言えないからです。

[aside type=”normal”]※購入に結びつきそうなユーザーっていうのは、『深い悩みを持って、自発的に検索してたどり着いたユーザー』です。そういう意味で、SNSからのアクセスはあまり当てに出来るアクセスではないワケです。[/aside]

あなたもネットで何かを調べ物をしようとして、
GoogleなりYahooなり検索窓にキーワードで打ち込んで検索したことがあると思います。

その時のことを思い出してほしいのですが、検索結果に表示されるページは
あなたが検索窓に打ち込んだ「キーワード」に、
よりマッチしたページが表示されているはずです。
(もしくは、キーワードそのものが含まれていることが多いハズ)

これは当然といえば当然なんですけど。

で、これはサイトのページを作るときも同じで、
そのキーワードに打ち込んだページに関連する内容なのはもちろんのこと、
キーワードもバッチリ狙う必要があるということです。

検索ユーザーからのアクセスをドンピシャで狙い撃ちしたキーワードでコンテンツを作る

つまり、意識したユーザーからアクセスを狙うには、
そのキーワードを打ち込んだユーザーに対して、
ドンピシャの内容でページを作る必要があります。

特に、狙ったページにアクセスを呼び込むにはタイトルキーワード(H1)が重要です。
(もちろん、それだけじゃダメなんですけど)

例えばの話、ユーザーが「ガチムチ体型 作り方」で検索したとして、
そういったユーザーに向けてページを作るのであれば
「ガチムチ体型の作り方をゼロから教えます」というページを
記事タイトルにして作るようにします。

特に、狙うキーワードは左側の方にある方が検索エンジン的には良いそうですが、
そこまで厳密にやらなくても、しっかりとしたサイトコンテンツがあれば問題ないです。

あと、できればタイトルは32文字以内にしないと、
検索結果での表示が省略されてしまうので注意です。

余談:芸能系トレンドサイトはキーワード意識しすぎ…。

芸能ネタを取り上げているようなトレンドサイトでは
キーワードを詰め込みまくったタイトルが多いですね^^;

田中麗奈の現在は?結婚相手の旦那は医師?子供は?▼▼とフライデー?破局?

結局何が言いたいんだって感じなんですけど…(笑)

この欲張りキーワード満載のタイトルから分かるように、
このページでは以下のキーワードを狙っていると思われます。

  • 田中麗奈 現在
  • 田中麗奈 結婚相手
  • 田中麗奈 旦那
  • 田中麗奈 子供
  • 田中麗奈 フライデー
  • 田中麗奈 ▼▼(噂になった恋人の名前) 破局

1つのページで5つもキーワードを狙っていますね。

まぁ結局はそのページに含まれているタイトルから読み取れる情報が、
ページ内にすべて載せてあり、検索ユーザーが求めている内容を
提供していると思われれば、検索エンジンは上位表示してくれます。

芸能人の結婚や不倫なんかの情報は、
ファンからしてみればやっぱり気になるものなので、
検索する人はいますからね。

そのキーワードで検索するユーザーがいて、
その答えを提供するサイトがあれば、需要と供給が成り立つわけですから、
そのサイトにはアクセスが集まるようになります。

ただやっぱり、そういった芸能ネタのアクセスなんかは
あくまでその時だけの一過性のものだったりするので、
ブームがすぎればそのページへのアクセスは激減する傾向にあります。
(安定したアクセスではない)

狙ったユーザーをサイトに集めるためのキーワードの探し方

結局は、そのキーワードを検索するユーザーがいて、
はじめてサイトへのアクセスになり得るものなので、
「ターゲットとなるユーザーがどんなキーワードで検索するのか?」を
考えることが重要です。

ただこの狙うキーワードは頭を絞って考え出したり、
ゼロから思いつくものではなく、キーワードはどこかしらのソースから見つけ出すものです。

アフィリエイトする商品があるとして、
その商品を使っているユーザーの声(口コミ)なんかがいい例です。

例:花粉症対策の情報商材をアフィリエイトする場合のキーワード選び

山本式花粉症対策法」っていう情報商材があります。

kahun-head

花粉症の時期に特に売れているようで、
こういった季節に特化したニッチなジャンルでも目立たない存在ながらも、
地味に売れていたりします。

これを例にキーワードを見つけ出してみましょう。

販売ページからサイトに使えるキーワードを探す

実は売れている販売ページ(セールスレター)を読めば、
その人の悩みや体験談(口コミ)が書かれてあるものです。


なので、キーワードを見つけるにはリサーチするには販売ページを
じっくりと読んでみるだけでも、十分だったりします。

見込み客の悩みからキーワードを拾う

kahun-nayami1

上記のような「こんな悩みはありませんか?」的なものが
売れている販売ページには大抵あるので、
そういった、情報もキーワード選びのヒントになります。

これは、販売者側がすでにリサーチしてくれているユーザーの悩みです。

悩んでいる人は自分の悩みを直接検索窓に打ち込んで、
その解決方法を探そうとします。

なので、これらの悩みはそのままキーワードにすることができます。

販売ページでは文章化されていますが、
キーワードに使う場合は単語の組み合わせるようにすると良いです。

また、「花粉症」がメインキーワードになるので、
「花粉症+○○」という形にするのが基本です。

kahun-nayami2

ピックアップしてみると…

  • 「花粉症 鼻水 滝のように出てくる」
  • 「花粉症 鼻のかみ過ぎ 鼻の下が痛い」
  • 「花粉症 目が痒い」
  • 「花粉症 だるい」
  • 「花粉症 眠れない
  • 「花粉症 仕事に身が入らない」
  • 「花粉症 イライラする」
  • 「花粉症 頭がボーっとする」

などがキーワードとして挙げられます。

体験者(購入者)の声からサイト集客に使えるキーワードを拾う

また、体験者の声もチェックしてみて下さい。

特に、その体験者が元々どんなことで悩んでいたか?に注目して下さい。
(赤の下線部分)

kahun-user2

この体験者の声からピックアップしたキーワードはこちら。

  • 「花粉症 鼻水が止まらない」
  • 「花粉症 鼻のかみ過ぎ 肌がカサカサ」
  • 「花粉症 薬が効かなくなった」
  • 「花粉症 薬 眠気に襲われる」
  • 「花粉症 仕事に集中できない」
  • 「花粉症 毎日つらい」

このような形で、どんどんピックアップしていくんです。

キーワードを拾うのが目的ですので、
キーワード化する場合は文章とは多少違っていてもOKです。

これが悩みからアクセスを集める「悩み系」キーワードです。

キーワード選定まとめ

アフィリエイトで稼ぐにはキーワードを意識してページを作らないと、
アクセスが来ないサイトになってしまいます。

基本的には人は何かを解決しようと思った時に、
検索エンジンに自分の悩みを直接打ち込むことも少なくありません。

つまり、「悩みを検索する=解決策を知りたい」という
検索ユーザーの心理的欲求が想像できます。

さらに、【解決策=商品】ですから、
アフィリエイトとして商品紹介に繋げるのは
とても自然な流れで文章も書きやすくなります。

何かしらの解決策となる商品にたどり着くのは、
基本的に悩みがそのスタート地点です。

なので、今回のような悩み系アクセスを集めて、
それを解決する商品をさりげなく紹介するといった形でも
十分アフィリエイトで成果を出すことはできます。

重要なのは、どんなアクセスを集めるか?です。

ただテキトーにアクセスを集めたからと行って成約に結びつかないので、
そのあたりは注意です。

なにはともなく、この悩み系キーワードは取り組みやすいんじゃないかと思います。

また、キーワードについてもう少し深く知りたい方は
以下のページも参考にしてみて下さい。

勝木です。 検索エンジン集客において無視できないキーワードについての講義です。 なんで重要なのか?っていうのは別の記事でも解説し...

それではまた

勝木