悩み系(非稼ぐ系)情報商材アフィリエイトは稼げるか?初心者が参入するべきジャンル

勝木です。

「悩み系(非稼ぐ系)情報商材アフィリエイトは稼げるのか?」

[aside type=”warning”]情報商材アフィリエイトは大きく分けて「稼ぐ系」と「悩み系」とに分かれます。「悩み系」に関しては分かりやすく「非稼ぐ系」と呼ばれる場合もあります[/aside]

今日はこれをテーマにお伝えしていきます。賛否両論あるかもしれませんが、あくまでも個人的な意見です。

そもそも情報商材とは?(知ってる人は読み飛ばして下さい)

そもそも情報商材っていうのは、ノウハウやハウツーを電子書籍やDVDなどの形式として販売しているものです。(情報コンテンツです)

アフィリエイト業界でいうとインフォトップやインフォカートが情報教材に特化しているASPですね。

ちなみに、名称は「情報”教”材」と「情報”商”材」とどちらも呼ばれることがありますが、一般的に呼びやすくて馴染みがあるのは「情報商材」の方かもしれません。(基本的には同じ意味だと思ってます)

情報販売の黎明期は中身がスカスカで詐欺的なものばかりがまかり通っていて、「情報商材=詐欺」みたいなイメージが強かったそうです。今もそう抱いている人もいるかもしれませんが。

そういったイメージもあるのか大手インフォトップでは、「情報教材」という呼び名で統一しています。これだと「ノウハウを教える」って意味合いが強いですね。商材って言うと単なる売り物みたいな感じです。

書店で売られている書籍のネット版だと思えば良いんですけど、情報商材と大きく違うのは、値段が高額な点、販売者からのサポートが受けられるものもあったり、返金保証が付いていたりする点です。

また、セールスレターと呼ばれる販売ページがかなり興味をそそるようにユーザーの購買意欲を高めるような書き方をしているのも特徴的です。

このあたりは別の機会にお伝えしますが、文章で商品の魅力を伝えるコピーライティングというスキルが使われています。(コピーライティング力の高いセールスレターほど購入率が高いです)

「悩み系情報商材」と「稼ぐ系情報商材」

アフィリエイト教材やFX、株式や不動産投資に代表されるいわゆる「(お金を)稼ぐ」系と呼ばれるもの以外でも、情報商材って色々とあります。

  • ダイエット
  • 犬のしつけ
  • ナンパテクニック
  • 英語
  • 資格試験勉強法
  • サッカー上達
  • 音痴改善
  • 復縁
  • 会話上達
  • 腰痛改善

などなど、本当にありとあらゆる悩みに対応した情報商材が販売されていますし、マイナーなところでは「引きこもり解決」のための情報商材もありました(実際に売れてます)。

[aside type=”normal”] これらの悩みを解決する情報商材を総称して「悩み系情報商材」とひとまとめに呼ぶことにしてます。[/aside]

具体的な悩み悩みっていうのはたとえばこんなことですね↓

  • 「飼っている犬が夜泣きをして困る…」
  • 昔付き合っていた彼氏と復縁したい
  • 腰痛がひどくて仕事にならない、なんとかしたい
  • ものすごく音痴で、カラオケに誘われるのがイヤだ

そうなんです。

「人の不安」数だけ情報商材って存在します。

インフォトップでも「悩み系情報商材」はかなりの数販売されていて、その多くがアフィリエイト可能です。(販売者側の設定でアフィリエイトできない商品もあります)

で、悩み系情報商材は稼げるの?

かなり、前置きが長くなってしまいましたが…結論を先に言ってしまうと「悩み系情報商材は稼げる」ということです。

例えば、インフォトップの商品売れ筋TOP100を見てみてください。

この記事を書いた当初は、FXやせどり、仮想通貨、アフィリエイト、ツールなどがランキングの多くを占めていますが、悩み系ジャンルである、「どもり(吃音)改善教材」や「復縁教材」「ゴルフ上達教材」なども見られます。

私も色んな悩み系ジャンルの情報商材をアフィリエイトしていますが、実際に作ったサイトからもこんな感じで売れています。

keitsuiaff
こういう悩み系教材のアフィリエイトって、稼ぐ系などの一気にドバーッと売れるような派手さはありませんが、地味に、ひっそりと長期で売れていってくれるっていう傾向があります。

稼ぐ系のアフィリはメルマガを使ってアフィリエイトしているので、短期間で一気に売ることが出来るのも特徴です(どれくらい売れるかは持っているリスト(アドレス)の数や読者との信頼関係にもよります)

FXなどの投資やアフィリエイト、せどりなどの稼ぐ系商材が多く売れている理由としては、

  • アフィリエイター(紹介者)が多い
  • メルマガでガンガン売っている
  • 新商品が次々と出る

などが考えられます。

稼ぐ系がTOP100を占めているのは、新商品が次々と販売されて、流行などの流行り廃りもある、新陳代謝が激しいジャンルですし、アフィリエイターも多いため、次々と紹介すれば、ドンドン売れていくような状況だからじゃないかと思います。

やっぱり人って新しいものに興味を引かれて気になってしまうものなので、新商品が出る度に、期待して買ってしまう人も多いです。俗に言うノウハウコレクターですね^^;(私もノウハウコレクターでした)

[aside type=”normal”] ダイエットジャンルなんて分かりやすいですよね。最近はライザップが流行っていますし、一昔前は巻くだけダイエットや朝バナナダイエット、ビリーズブートキャンプがブームになっていました。

これ、稼ぐ系ジャンルとなんとなく似てませんか?[/aside]

一方、悩み系情報商材は、稼ぐ系よりもアフィリエイターが少ないですし、売れる王道的な商品が長くロングヒットを飛ばしている傾向があります。復縁教材なんかは7ステップ復縁教材(デヴィ夫人が出てるやつ)とか昔から何かと目にしますね。

「稼ぐ系」と「悩み系」、参入ジャンルするべきはどっち?

アフィリエイターとしてどちらのジャンルに参入するべきか?というと、どちらもメリットデメリットはありますので、そこから判断してもらえればと思います。

稼ぐ系情報商材をアフィリエイトする場合

メリット

  • 新しい商品がドンドン出てその度に売れやすい
  • 購入者の気持ちが理解しやすい(自分もアフィリエイトなどに興味があるため)
  • 市場が大きい(お金を稼ぎたいと考える人は多い)
  • メルマガを発行すると短期間で爆発的に売ることができる

デメリット

  • 逆に、古い商品は売れにくくなる可能性もある
  • 商品寿命が(悩み系と比較して)短いものも多く、すぐに販売終了になるものもある(販売戦略かも?)
  • 扱うアフィリエイターも多く、成果を出すにはオリジナルの特典を作るなどの差別化が必要

悩み系情報商材をアフィリエイトする場合

メリット

  • 長く売れ続けるロングセラー商品が多い
  • ジャンル的には普遍的な悩みで廃れることがない
  • アフィリエイターが少なく、ライバルが少ない
  • ライバルサイトが少なく、ジャンルによってはサイトの上位表示も難しくない
  • ライバルが少ないため、差別化としての特典などを付ける必要がない

デメリット

  • 稼ぐ系と比較して市場が小さい場合もある(参入ジャンルによる)
  • 興味のないジャンルや自分が詳しくない場合は書きにくい

ただ、悩み系でもダイエットや英語ジャンルは市場が大きめで、流行もあるので、ライバルも多少多い傾向があります。

例えばダイエットジャンルの場合は…

  • 朝バナナダイエット
  • ビリーズブートキャンプ
  • ライザップ
  • 巻くだけダイエット
  • モムチャンダイエット
  • 健康サンダル
  • 耳つぼダイエット
  • カーヴィーダンス
  • アブロトロニック
  • ココナッツオイル
  • ヒルズダイエット
  • ロングブレスダイエット
  • ダイエットスムージー

数え切れないほどあります…^^;

私自身は、悩み系情報商材をメインで扱って地味に稼ぎ続けているのですが、やっぱり稼ぐ系アフィリと違って、ライバルが少ないなぁと感じてます。

先日作った、とあるスポーツ上達系のサイトでは、比較的早く上位表示ができてアクセスも来るようになりましたし、早い段階で1件ポロッと売れてくれました。

アフィリエイトなどの稼ぐ系のブログだったりすると、こう簡単には行きません。

情報商材を買い慣れてる人(ノウハウコレクター)も多く、どのサイトから購入すれば、より良い特典がついてくるのか?をしっかりと比較されます。

なので、稼ぐ系アフィリエイター同士の特典合戦を制すること、また、メルマガなどで信頼関係を築いて商品を紹介するなど、戦略が要求されます。

それに、稼ぐ系ってなると、やっぱり実際にどれくらいの実績(アフィリエイト収入)があるのか?はその人から購入する決め手の1つにはなってきます。

  • アフィリエイト実績なし
  • 魅力的な特典も作れない
  • メルマガも書けないし、続かない…

そんな状態では、ライバルたちがひしめく厳しい戦いを強いられるのは想像に難くありません。

なので、情報商材アフィリエイトをゼロから始めるとしたら「稼ぐ系」情報商材を始めるのは個人的にはオススメしていません。

人によっては「そんなのカンケーないよ!」って言う人もいるかもしれませんが、特典作って、メルマガ作って、差別化できるコンセプトを決めて…ってなると、全くはじめての初心者にはハードルが高く感じませんか?

「稼ぐ系」情報商材アフィリエイトの場合は、そんな厳しい環境なのですが、「悩み系」情報商材アフィリエイトとなると、とたんにハードルがグッと下がります。

特典も実績も必要ありませんし、メルマガも書かず、サイトだけでほぼほったらかしでも稼ぐことが可能です。

これが私がおすすめしている、ライバルが比較的少ない所から攻めるニッチな悩み系情報商材アフィリエイト戦略です。

そういう考えでいるので、実績がないのであれば、まずは「悩み系」情報商材アフィリエイトからスタートさせてみることをオススメします。

情報商材で、さらに「悩み系」となると、かなりライバルも絞りこめるので、思った以上に取り組みやすくなるんじゃないかと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

勝木