パレートの法則から読み取るアフィリエイトで稼げる人と稼げない人の割合

こんにちは勝木です。

アフィリエイトで稼げる人は5%しかいないっていう話は、アフィリエイトに興味を持っているあなたなら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

少し古いデータ(2013年)ですが日本アフィリエイト協議会っていう所が発表している調査では月1万円以上稼いでいるアフィリエイターは5.2%でした。

出典:http://www.japan-affiliate.org/news/survey201307/

まぁアンケート調査の対象になっていない人も結構な数いるとは思いますけど、今はもっと稼いでいる人は多いんじゃないかと感じてます。

ただやっぱり稼げる人と稼げない人がハッキリと分かれているのはやっぱり変わりません。

先程のページも書いてあるんですが、”アフィリエイトは楽して簡単に稼げるものではなく、時間や労力をかけて継続して取り組むことで高い成果が得られる”という結論に至っています。

これはもちろん私も賛成で実感していることです。

簡単で楽に稼げるノウハウほど、全然稼げません(笑)

私が稼げない時は、ありとあらゆる情報を買いあさり、ノウハウを読んだだけで「これはできそうにない…」「自分には無理だな…」と決めつけて鼻っからあきらめていました。

やってみても1ヶ月続けば良い方で、ホント中途半端でした。

もしかして、あなたも心当たりはありませんか?

三日坊主とはよく言ったもので、自分の性格上めちゃくちゃ飽きっぽかったりします。

なんでも最初はがんばるんですけど、頑張りすぎて続かないみたいな状態を何度も経験してます。その度に自己嫌悪に陥ったり…

なんだろう、けっこう単調な作業が苦手というか、そういうのはなんだか自分に向いていないようなきがするのです(という言い訳。笑)

続ければある程度結果が出せるのに、結果が出るまで続けることができない

これって、「アフィリエイトあるある」かもしれません^^

パレートの法則とアフィリエイターの関係

話は変わりますけど、「パレートの法則」って知っていますか?

「パレートの法則」っていうのはマーケティング用語で、別名「20対80の法則」とか「ニハチの法則」なんて呼ばれてます。

ビジネスとしてよく言われる事例としては

  • 全商品の上位20%が売り上げの80%を占める
  • 全顧客の上位20%が顧客の売り上げの80%を占める

といった具合です。

もちろん数値が正確にそうなるわけではないけれど、だいたいそのあたりで落ち着くって言われてます。

図で表すとこんな形

あとパレートの法則はビジネス以外にもよく言われています。

  • ウェブサイトの2割のページに8割のアクセスが集中する
  • 男全体の2割の男が、女性の8割からモテている
  • 働きアリは全体の2割しかおらず、8割は怠けアリ。
    (さらに働きアリだけの集団を作ってもその内8割は働かなくなる)

とか色々言われます。

また、パレートの法則と似ている2対2対6の法則もあります。

恋愛で例えるなら

  • 2割がモテる男
  • 2割がモテない人
  • 6割がほどほどの普通の人

みたいな感じです。これもなんか結構当たってる気がしません?

アフィリエイトに話を戻しますね。

アフィリエイトノウハウを購入して実践するのが2割で、読むだけで満足する人が8割なんじゃないかと思います。

さらに、実践する2割の中でも、実践し続けられる人が2割で、8割の人は継続できない。

あと、アフィリエイトで結果を出せる人は実践して、なおかつ継続できる人ですので…(もちろん正しいノウハウで)

アフィリエイトノウハウを購入した人が100人いたとすると…

100人 × 20%(実践者) × 20%(継続できる人)= 5人

っていう計算になります。

なので、「アフィリエイトで結果を出せる人が5%」っていう話もある程度、納得が出来るような気がしませんか?

これを読んでくれてる人はぜひとも結果を出してほしいので、読んで満足するだけではなく、しっかりと実践して、そして継続していって結果を出してくれればと思います。

私自身もなんだかんだであきらめが悪かったので、結果的に継続していった結果、なんとか少しづつアフィリエイトで成果を出すことができました。

綺麗事みたいに聞こえるかもしれませんが、正しいノウハウで実践し続ければ、結果は出せるということなので、ぜひぜひがんばっていきましょう^^

それではまた

勝木

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする