副業者のデータとその目的とは?

現代では昔のように就職すれば定年まで一つの会社にい続けるような形で働く人は、以前に比べてかなり減ってしまっています。バブルが崩壊してデフレ、不況と言われ続け、人を雇う側の会社も人件費削減のためにリストラする企業も増えてきていることも原因の一つです。

 

こんな状況では、のうのうと働けばお給料が毎月安定してもらえるなんて甘い考えをしている人は片っ端から首を切られてしまうのも無理はありません。

企業もこんな状況ですので、副業を認める会社も徐々に増えてきています。

 

 

本業を持ちながら副業している実際どれくらいいる?

独立行政法人 労働政策研究所・研修機構が発表している副業者の実態データによれば、本業を持つ人の中の8.1%の人が副業をしています。ただし、2009年のデータですので今では、少なくとも10%以上はいると思います。

参考URL http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2009/07/030-037.pdf

 

ちなみに年代別でみると30代で38.1%、40代で32.8%となっています。

 

 

 

副業の目的は?

副業する目的についてもデータが出ています。

 

  • 収入を増やしたいから       87.7%
  • 自分が活躍できる場を広げたいから 24.2%
  • ローンや借金返済のため      19.2%
  • 本業だけでは生活できないため   18.9%
  • 様々な分野の人とのつながりづくり 17.1%
  • 時間のゆとりがあるから        9.6%
  • 現在の仕事で身につけた能力の活用   9.5%
  • 独立したいから            9.4%
  • 転職したいから            9.3%

 

借金返済なども収入を増やすことが最終目的ですので、収入を増やしたいからというのが行き着くところとなっています。

 

副業と一言で言っても、このブログで取り上げているアフィリエイト以外にもFXや在宅ワーク、ネットオークション、せどり、データ入力、テープ起こし、ライターなど、ネットだけで完結するものもあれば、講師業や近年話題の週末起業、実業のアルバイトなど様々なジャンルがあります。

 

このブログでは副業でできるアフィリエイトにフォーカスしていますので、副業アフィリを実践される方はじっくりとご覧になっていただければ幸いです。