稼げる記事、アクセスを集める記事の書き方と役割

bunshou

がっちんです

今日はアクセスアップのための記事の書き方について書いていきます。

記事の書き方については大きく分けて2パターンあります。

  1. 単なるアクセスを集めるだけの記事
  2. 商品をアフィリエイトするための記事

この2パターンです。

 

単なるアクセスを集めるだけの記事

この場合は単なる文章の塊のような記事です。検索してきてアクセスしてきたユーザーに対して文章を読んでもらうためだけのもの。

正直どうでもいいような記事もあります。グーグルなどの検索エンジンに対してはどうでもいいような記事であってもとりあえず記事があるというコンテンツのボリュームを増やすための記事と言ってもいいかもしれません。

コンテンツボリュームUPの役割に加えて購入に繋がらなくても、検索されるキーワードであればなおOKです。実は僕の悩み系情報教材をサイトアフィリで売っている手法もこのタイプです。

中でも悩んでいると思われる検索キーワードでのアクセスに対してはできれば何かしらの解決策を提示してあげることがサイト自体の信頼度アップにつながります。

その解決策自体が、アフィリエイト商品に繋げる必要はありません。売り込みばかりの記事ばかりだと「なんだ、このサイト売込みばかりだな」と思われても仕方ないです。

 

2.商品をアフィリエイトするための記事

これは深く悩んでいるようなユーザーに対してその解決策として(アフィリエイト)商品を提案するような記事です。先ほども言ったようにすべての記事に対して書く必要はなくその商品を伝えることが自然出るような書き方です。

「あなたのその悩みを解決するには、この商品がおすすめですよ」という感じです。

僕が運営しているサイトやブログでは1のパターンでも2のパターンでも稼げています。

 

1のパターンで稼ぐ場合はとりあえずアクセスを集めてサイトのアフィリリンクにあるページに誘導して販売ページに繋げるという感じです。

先程も軽くお伝えしましたが、僕の情報商材をアフィリしているコンテンツサイトはこのパターンが多いです。数ページのボリュームの少ないサイトではなかなかアクセスが集まらないので数十ページあるサイトです。

 

2のパターンで稼いでいるのは、ライバルの少ないキーワードを狙ってドンピシャの検索ユーザーに対してアフィリエイト商品を紹介しています。

商品名キーワードも2の、販売ページに直接飛ばすようなセールスに近い文章ですが、これだと激戦です^^;僕はそういった商品名キーワードはできるだけ避けて、ちょっと狙いめなキーワードでこっそり稼いでいます。具体的な方法はまた別の機会にお話しますね。

タイプ別の文章についてまとめた記事でした。参考にしていただければ嬉しいです

 

それではまた

【サイトアフィリ】特別メルマガ講座

副業でゼロから始めて1,000万稼いだ秘密情報を配信しています。
  • 稼げるサイトの具体例
  • ツールを使ったサイトの作り方
  • 自分で記事を書かない外注化戦略
  • ほったらかしで収入が入ってくる考え方
  • 副業で作業する場合の時間管理術
などをブログでは公開できない情報をメインにお伝えするメルマガ講座です。
下記のフォームから登録できます
*お名前
*メールアドレス