稼げる記事とアクセスを集める記事の書き方と役割

目安時間:約 4分

喜多嶋です

 

今日はアクセスアップのための記事の書き方について書きますね!

 

 

 

記事の書き方については大きく分けて2パターンあります。

 

 

  1. 単なるアクセスを集めるだけの記事
  2. 商品をアフィリエイトするための記事

 

この2パターンです。

 

 

 

単なるアクセスを集めるだけの記事

 

この場合は単なる文章の塊です。
検索してきてアクセスしてきたユーザーに対して

文章を読んでもらうためだけのもの。

 

 

正直どうでもいいような記事もあります。

グーグルなどの検索エンジンに対してはどうでもいいような記事であっても

とりあえず記事があるというコンテンツのボリュームを

増やすための記事と言ってもいいかもしれません。

 

 

コンテンツボリュームUPの役割に加えて

購入に繋がらなくても、検索されるキーワードであればなおOKです。

 

 

中でも悩んでいると思われる検索キーワードでのアクセスに対しては

できれば何かしらの解決策を提示してあげることが

サイト自体の信頼度アップにつながります。

 

 

その解決策自体が、アフィリエイト商品に繋げる必要はありません。

 

そんな記事ばかりだと

「なんだ、このサイト売込みばかりだな」と思われても仕方ないです。

 

 

 

2.商品をアフィリエイトするための記事

 

これは深く悩んでいるようなユーザーに対して

その解決策として(アフィリエイト)商品を提案するような記事です

 

 

先ほども言ったようにすべての記事に対して書く必要はなく

その商品を伝えることが自然出るような書き方です。

 

 

「あなたのその悩みを解決するには、この商品がおすすめですよ」

という感じです。

 

 

 

僕が運営しているサイトやブログでは

1のパターンでも2のパターンでも稼げています。

 

 

1のパターンで稼ぐ場合はとりあえずアクセスを集めて

サイトのアフィリリンクにあるページに誘導して

販売ページに繋げるという感じです。

 

 

僕の情報商材をアフィリしているコンテンツサイトはこのパターンが多いです。

数ページのボリュームの少ないサイトでは

なかなかアクセスが集まらないので数十ページあるサイトです。

 

 

2のパターンで稼いでいるのは

ライバルの少ないキーワードを狙ってドンピシャの検索ユーザーに対して

アフィリエイト商品を紹介しています。

 

 

 

参考にしていただければ嬉しいです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ほったらかしで稼ぎ続けている秘密

実は、こっそりと僕が名前も出さずに
稼ぎ続けているサイトがあります。

金額にして1件売れると5,000〜15000円が
銀行口座に入金される仕組みです。

こういうサイトをいくつも持っているので
それぞれ売上げはバラバラですが、
いきなり収入がゼロになることもなく
放置で稼ぎ続けています。


このアフィリエイトサイトの作り方を
細かくお伝えする説明書を作ったので
興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。

>>放置で稼ぎ続けるサイトの作り方 ※無料



運営者プロフィール
運営者
勝(かつ)

本業のマッサージを続けながらスキマ時間を使ってアフィリエイトを始める。気づけば累計900万円をネット上だけで稼ぐことに成功。副収入として毎月5万円以上のアフィリエイト収入をほったらかしで稼ぐ方法をお伝えしています
⇒詳しいプロフィールはこちら
最近の投稿
カテゴリー
ブログランキング
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報

ページの先頭へ